– 花好きの集まる場所 –

大切な株のトラブル 処置の仕方(その1)

何らかの原因で株の中程の葉を欠損したとき、その葉が一枚であった場合でも、あと2枚の葉を見つけ、3枚一組で葉を「中抜き」する方法です。そうする事で、シンメトリーな株を維持しながらスムーズに生長させていけます。

サンコースト ペパーミントキャッシー

6月23日、花柄摘みをする。
花柄摘みをする前の株です。
欠落した葉を見つける
原因は分かりませんが、花柄摘みをしていて異常な葉を見つける。
株の中心部に近い位置の葉を「中抜き」しました。
7月22日、隙間が埋まる
1ヶ月で隙間が無くなりなる。
5色のシールでシンメトリーな株に
3枚一組で5色のシールを貼り、シールの付かなかった葉3枚は不要なので外しました。
そして、本日(9月20日)の株です。
葉を「中抜き」してから89日目です。満開になるにはもう少し時間を要しますが、株として復活してくれました。


この様なトラブルを起こした株を見つけた時は、3枚一組で葉を取り除きますと、約1ヶ月後には葉の隙間は埋まってくれます。是非、お試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です