– 花好きの集まる場所 –

大切な株のトラブル 処置の仕方(その2)

ララバイの場合

花摘みをしていて、株の中程の葉を持ち上げた時に葉の付け根が折れてしまった株の事。

2021年4月20日の状態

株の更新に取り組む

2021年5月30日の状態

充実した株作りをする為、やり直しに取り組んだところです。

葉の付け根を折る

しかし、残念なことに花摘みをしていて、青シールの葉一枚を付け根の所を誤って折ってしまいました。折れたのは1枚でしたが、セントポーリアは3枚一組で葉を展開していく植物ですから、中心の葉の中抜きをする場合もシンメトリーな株を目指す為には、残りの2枚の葉をさがし、3枚一緒に葉を外す事が大事です。

2021年6月8日の状態

黄シール矢印の3枚一組として中間葉(中抜き)を取り除く。

5色のシールでマークしていますので、折れた葉1枚に対して、の2枚はすぐに見つける事が出来ます

葉の再生

約3ヶ月で隙間が無くなりました。

2021年9月1日の状態

不要な葉の除去

これから植え替えするため5色のシールを貼り直し、不要となりました8枚の葉・花茎6本と一緒に取り除く事にします。

植え替えをする前に

赤い線を引いた周りには、6月8日に葉柄を取り除いた「中抜き」した跡の3ヶ所(黄色矢印の所)が見られます。
これから取り除く8枚の葉と葉の間に細根(髭根)も見られます。

根の除去

8枚の葉を外した事で「細根」が見やすくなりました。本茎も「わさび状の茎」になりましたので、黄色の線を引いた下の部分の根はカットし植え替えをいたします。

植え替え完了

ここから、又一からやり直しを致します。(2021年9月1日現在)

ここまで来るには、少し遠回り(約4ヶ月)を致しましたが、なんとか再生が出来ました。

開花しました

植え替え(9月1日)してから、約1ヶ月で生長を見ることが出来ました。

今、上がっている6本の花の茎を外し、一番外側の白シールの葉を取り去り、中心部分の葉に白シールを貼りつけて、今後の生長を見守ります。

2021年10月9日現在 

これから9本の花茎が上がるまで、葉柄を取り除きながら株作りを楽しみます。その前に記録として公開いたしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です