– 花好きの集まる場所 –

クリスマスドレスのこと

株をリメイクする

昨年、秋のセントポーリア展示会に出品する予定の株でした。

2020年9月19日撮影する

今年1月26日に咲いている花を見て、名前が「クリスマスドレス」なのだから、クリスマスの時期に咲かせたいという思いに駆られまして、リメイク(やり直し)をする事にしました。早速、花茎9本と葉6枚を取り除き植え替えもしていました。
この日から約7ヶ月間、合計すると花茎21本、葉は15枚外していた事になります。

本日のクリスマスドレスです。

外すべき3枚の葉を見つける。
赤い矢印3枚の不成長葉(後から展開して来た葉よりも小さな葉)を見つける。
5色のシールを3枚一組とし貼り終え、間違いなく不要な葉は3枚でした。
不成長葉3枚と夏花で咲いている花茎3本も外しました。
シンメトリーの株になりましたので、鉢内3箇所(外側)に「多花」を置肥し、鉢内の用土が足りていない所には増土をしました。

鉢には「クリスマスには咲かせる!」と記録していました。

「最終花摘みの日は10月20日」開花予定の70日前で、

「12月24日に満開にする。」と書き込んでいました。

後、4ヶ月近くありますが、開花してくれるのを楽しみに待つ事といたします。

今年の北海道十勝地方は例年になく夏日が続きまして、株を維持させる事に集中し、なんとか酷暑の夏を乗り越えた感があります。棚に目をやりますと嬉しい事に、チラホラと可愛いセントポーリアの花が上がり始めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です