植え替えが出来ない時の対処法 〜 1 〜

2週間の入院の筈が20日まで延び、同居している息子が水やりをしてくれていました。(感謝 )

昨日今日と退院(6/13)してから、2度目の水やりでした。

 

入院前、どうしても植え替えが出来ない時にとりあえず、実行していった方法を公開します。

品種名  パール レイク (キメラ)

入院前日(5/23)

24枚の葉と9本の花茎、小さな花芽3つをカットしました。

●  今日のパール レイクです。

この様に、わさび茎にさせないで置いて行きました。

ですから、これからその日の自分の体調に合わせ、充分に鉢の中を乾かして植え替えしようと思います。

その時、初めてカットした葉柄の残りを取り除き、新鮮なわさび茎状態?にする訳です。

又、下の方の古い不要な根茎もカットします。

株を放置していくと困るのが、中心葉が芯止まりになったり、根腐れをしたり植え替え困難な株となります。

この様にしていく事により、下葉の極につくひげ根も出やすく、根の活着も良く 、株として元気で長生きさせる事が出来るのです。

●  放置して行った株の例

株は50cm以上になっていましたが…、芯止まり状態です。この様になると、回復に時間がかかります。

今回、この事を皆さんに見て欲しく、敢えて、先の方法にしないで置いて行きました。

(満開でしたので…、息子に花摘みだけをして貰っていました。)

●  植え替えの余裕がなくて留守をする時には、良い方法だと思います。

コメントを残す