可愛いおチビちゃん達

ミニ種も育て方次第で大きく育ちますが…、より小さく育て楽しみました。

フェアリーファンテイングTRは花茎12本上がっていて、その他の株にも花茎6本は上がっています。
プラスチックの受け容器の蓋で作ったリーフサポーターに載せて撮影する。
Holden Seas Country Rose ホールデンシーズ カントリーローズ(直径11cm)
Jolly Gala ジョリーガーラ(11、5cm)
Fairy funding trail フェアリーファンテイングTR(12cm)
Flash trail フラッシTR(9cm)
Early’s Rose Baby アーリーズ ローズ ベィビー(10、5cm)

◉ ミニ種を更にミニチュアにするテクニック(私の場合)
・根の生長を抑制する為、黒ビニールポット(直径4cm)で育て続けます。
・植え替えも、通常の生長株と同じくわさび状茎を切り、新しい黒ビニールポットにします。
・鉢が小さいのですぐ乾きますので、ウイック式での栽培が適しています。
・肥料は、ピーターズスペシャルを通常の倍に薄めあたえています。
・土の酸化を防ぐために、消毒をした翌週にハイ・フレッシュ、水1リットルに1gを入れ
灌水しています。

※ 「消毒について」〜ミニチュア種ですから、頭からかける事はくれぐれもなさらないで下さい。デリケートな中心の柔らかい葉を薬害で台無しにします。消毒をした次の週の水やり時には、用土内のPHが酸性に傾いていますので、ケアをする意味でもハイ・フレッシュ(水に溶くとミネラル水になる)で鉢内の環境を整えてやる事が大事かと思います。

◉ いかがでしたか?
セントポーリアは、ショープランツの様に、大きい株も育てるうえでの醍醐味もありますが、より小さくする育て方もあって…、セントポーリアって本当に楽しいですね! (๑・̑◡・̑๑)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください