夏花って〜、

今日は消毒をしながら、受け容器を洗ったりしていました。そこで、「※夏花」を見つけましたのでUPします。

※ 花芽分化をする時期に極度な高温状態に晒され、花芽が正常に形成されなくなった事により、通称「夏花」と言われています。

その1〜花の模様がはけではいた様な絣状の模様が出る。

⚫︎ジェネバ ワンダー

花の茎も、3枚一組の筈が2本しか上がっていない。

⚫︎ ララバイ

この花も高温に晒されましたね
ランブリンサンシャイントレイルも花がかすれている。

その2〜 花色が本来の花色でない。

⚫︎ クリスマスドレス

⚫︎ ジョリーインプ(セミミニ種)

ドライフラワーみたいです。

その3〜 花の形が奇形で咲いている。

⚫︎ エバーグレイス

◉ この他に、

その4〜 フリルの花びらのフリルが消える。

その5〜 ツンツンと尖った咲き方をする。

その6〜 白いエッジ、グリーンエッジが消えたりする。

その7〜 縞花であるのに縞で咲かなくなる。

以上、7つの異常な咲き方のうち、我が家では3つの症状があり、6株見つけました。これらの花は夏の名残の花として、なるべく早く摘み取る事にしています。

◉ セントポーリアにとって気候的に育てる環境が整って来ましたので、これらの症状も徐々に回復するかと思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください