あれから…、

◉ ジョリーインプ(セミミニ) jolly imp について、

8月5日、ダニの吸汁被害を受けて消毒した結果、回復が見られた株を見つけてから、

あきらかに消毒した結果、回復が見られた株

8月12日、ジョリーリンプのその後( 1 )、8月21日のその後( 2)でも公開済みです。

◉ 10月27日にも記録していました。どちらの株にも花が咲いてくれる。

親株と子株

◉ 親株の方から花茎と葉を外しました。

7本の花茎と、6枚の葉を外す。

◉ 子株の方は、

子株方も7本の花茎と、5枚の葉を外す。

消毒により回復している株を見つけてから…、約4ヶ月近くなります。

◉ 今日のジョリーリンプは、本当の意味でダニ被害から脱した株となりました。

左は親株です。右は親株からの葉挿し苗からの株

まず、親株の方です。

青色シールには、しっかりとした花茎3本上がっています。
3枚一組として9枚の葉を外す。

子株は

白シールと、黄シールにも花茎があがっています。
3本一組の花茎にシールを貼ると、どうしても一枚多いので全部で7枚の葉を外しました。
やはり、3枚一組として先月5枚ではなく、6枚外すべきでした。

回復したとは言え、途中経過です。株として、良い花が咲くまで楽しみながら記録して行きたい思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください