パール レイクのその後

H 30、5、7、植え替えをしなければなら無かった株。

 

H 30、5、23(入院前日)

葉柄24枚、花茎9本+3つの花芽を外して行く。

敢えて残して行った葉柄。

 

H 30、7、14、植え替えの為、根茎に残しておいた(葉柄)の残りを取り除く。

根茎が7cm残存していました。株に根茎2cm残し、5cmをカットする。

少しでもひげ根が付くことを期待し、3枚の葉は外し植え替え終了。

咲きましたら、またUPします。(^^)

パール レイクのその後」への7件のフィードバック

  1. hanazukiさん、こんにちは♪

    植え替え手法がお上手ですね(^^) お手本になります。

    パール レイクも素敵な花です。

    花が咲いたらまた拝見したいので、アップを楽しみにしています!

    nenttoh

    1. nenttohさん、こんにちは〜。

      当方は、雨が降っていて、寒いくらいです。気温が低くて、野菜の生育が悪いです。(西日本は猛暑なのに…、申し訳ないです。)

      いつも、ブログの為に写真を撮っていたのですが…、何日に撮影したのかわかりますが、どの様な時に撮ったのか記録できず困っていました。

      良いアプリを見つけました。
      「Markee」です。本当に使い勝手が良く、撮影と同時に、忘れないうち記録しています。
      ブログをUPするには時短になり、今では必需品となりました。

      1. hanazukiさん、こんばんは~♪

        今、上記コメントを頂いていたのを気づきました。
        ご返答が遅くなりゴメンナサイm(__)m

        お教え頂いた「Markee」ですが、iPhone専用アプリのようですね。

        Androidを使用していますので、そのアプリはGoogle Play Store(App Storeと同様)では
        見つかりませんでした^^;

        最近はそれによって、写真への文字入れとか容易になさっているのですね。

        写真加工技術が上手いなぁとは思っていました。

        次の写真のオンタリオSPもシメトリーで綺麗です。流石ですね(^^)/

        nenttoh

        1. nenttohさん、お返事します。

          私はiphoneのAPP storesのアプリ「markkee」でした。

          世界はGoogleが主流ですものね。nenttohさんの使用しているAndroidには同じアプリが無かったわけですね。説明不足でごめんなさい。これからは、気を付けますね。
          機種の違いで…、失礼いたしました。m(__)m

          クダクダとした投稿にお付き合い頂き、あり
          がとうございます。(^^)

          1. 上記のスペルを訂正します。
            「Markkee」では無く、「Markee」です。
            m(_ _)m

  2. はじめまして  常緑の熊野で セントポーリアを愛でています、
    美穂子と申します。
    初めてコメントさせて頂きます。
      
    HANAZUKIさんの どのセントポーリアも花姿 セントに対する情熱が素晴らしく、うっとり拝見させて頂いている、HANAZUKIさんフアンの一人です。

    二年前に、TRに出会い今ではTRに夢中になっていますが、 最初TRの性質が全く分からず
    花LOVEさんから、HANAZUKIさんを紹介頂き 毎日HANAZUKIさんのブログで勉強させて頂いております。初心者にも分かりやすく丁寧な説明、経験者ならではのアドバイス 

    まだまだ完璧なお世話が出来ていませんが
    少しでも HANAZUKIさんのような 素晴らしいこんもりと元気なTRが育つよう勉強したいと思って
    います。   宜しくお願いいたします。

      

    1. はじめまして、花loveさんのところで美保子さんの事は、間接的に存じていました。(^^) こちらこそ、
      “よろしくお願い致します”

      昨今の、花loveさんのトレイルに対する勉強熱心さ、上達の早さに驚いています。

      キメラ好きな方は多いですが…、(キメラも好きです。が、であれば何でも好きとは違います。)

      トレイル種を、実際夢中になって育てる人は少ない様に思います。
      私は、株に鋏を入れ作り込んで行く過程が好きなのです。

      場所は取りますが…、花の時期も長く楽しめ、育てる上で他の品種にはない醍醐味があるのが理由です。

      これからも、画像を通し発信していきたいと思います。

      疑問・質問がありましたらどんどんお寄せ下さい。
      私で分かる範囲内でお答えしますので、待っています。

      セントポーリア の” 輪 ” を広げましょう!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください