咲き出しています 〜3の3〜

キメラのストーク挿しをして…、 増えてしまっている花たちです。

H・30、10/2、「キャリコ クイーン」Calico Qweenを購入する。
H・26、5/16、「ユカコ 」Yukako 花友さんとの交換株をストーク挿しにして増えた株です。
H・29、5/7、「ロッキン ロマンス、」Rockin’romance は1本のストークより始りました。初めて咲いた株を親株とします。

◉ 昨年はダニ被害から立ち直り、徹底した消毒がいかに大事かと思う年でした。我が家では 特に、この1、2年に入手した株にダニの被害が見られ、(農業試験場にて確認する)ました。

そこで、すべての株を殺ダニ剤で消毒しました。今では、より安心できる環境となり、気持ちの上でも育てる意欲が増し、セントポーリアライフを楽しんでいます。

◉ ダニの被害が拡散している様に思います。ダニは目で見る事ができない害虫です。

◉ 海外から、花友間、販売している業者さんからなのか特定はできませんが、購入後、又は、入手後1年を経過しても中心葉の生長が悪くて、咲かない株、咲いても本来の花とは違う花。特にトレイル種が分かり易いのですが、何度も繰り返し作り直しても、だんだん葉が小さくなり、購入後、一度も咲いてくれない株にはダニ(ホコリダニ)がいます。

◉ 川上敏子先生の本にも書かれていましたが、『消毒をする事で 花の咲き方が非常に良くなる』 確かにそうでした。その事を実感しています。

◉ これらの症状で気になる方は是非、消毒をなさって下さい。ダニはスリップスとか、アブラムシの様に飛ばないので直ぐには移りません。吸汁し終わるまで移動範囲は極めて狭い害虫(雌成虫の体長は0、25mm、雄成虫は0、2mm)です。目で見る事が出来ないので消毒は欠かせません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください