トレイル種、私の場合。

ジェットトレイルが、入手してからズーッと花の咲きが悪く、今年に入ってから、どんどん各クラウンの葉が小さくなって、花が咲かなくなりました。

“ もう一度咲かせたい!助けてやりたい ” との思いで、9月23日、小さくなった各クラウンをカット(根無し)寒天挿しをしました。

◉ その結果、寒天挿しから54日目で用土に植える事が出来ました。

6本のクラウンが助かりました。
寒天の中から取り出す。
約42℃の微温湯にて寒天を取り除いたところです。
1号黒ビニールポットに植える。

これらの画像を見ると…、お分かりと思いますが、ダニによる吸汁被害でした。ダニは本当にしつこいですね。

寒天挿しでの再生方法は、清潔な寒天液の中で全く根がない状態のクラウンでも、間違いなく発根してくれる点が良いところだと思います。

ちなみに、植え替えに使った黒ポットの大きさです。

左は2号黒ビニールポット(6㎝)、右は1号黒ビニールポット(4㎝) です。
※ 従来1号鉢の1号の大きさは直径3㎝

か細い根には、1号のビニール黒ポットの様に小さい鉢が最適です。根の活着が良く好んで使っています。

この様にセントポーリアと、とことん付き合って、咲いたときの事をイメージしながらの、植え替え作業は楽しいものです。

毎日、あちこちの棚で蕾が上がり開花してくれています。『ダニ退治をして本当に良かった!』です。

大好きなトレイル種の苗にも花が咲き出しています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください