留守をする時の対処法

7泊8日、家を留守にして奈良・京都に行って来ました。

昨年も入院(3週間)の為、取り敢えず、植え替え出来ない株を帰宅してからの植え替えの為にと…、今回の場合も下の画像の様にして行きました。

シマーフロスト
横から写す。葉柄9枚をカットする。

花茎9本、葉柄9枚を外した後の状態(上から写す)

この度は8日間なので、植え替えの出来ない(パールレイク他5鉢)わさび状の茎に、取り敢えず、画像の様に水苔を巻いて出掛けました。

大事なひげ根の生長を促すため、この部分を乾かさない為

帰宅後、疲れも取れ生活のリズムが元の戻った頃、ゆっくりと植え替えが出来るのが良いのです。(安心)

恒例です。この度の旅行でも、自分の為に念珠を購入して来ました。

キッカケがないと中々買うことの出来ない念珠

母の一周忌が近いのでこの機会に新しくしました。

◎ あちこちで買ったお土産です。


爪に優しい胡粉ネイルと、自宅用に蚊帳ふきん
奈良漬、お茶(新茶・古茶・ブレンド抹茶)、三輪素麺

お土産色々分けて、残った分が我が家用ですね。

この度の旅行の為、何時もの健康体操も休まず、スーパーでも何処へでも行く時、車は遠くに止めて歩いて足を鍛えていました。お陰様で元気で帰ってこられました。

留守をする時の対処法」への2件のフィードバック

  1. hanazuki さん おはようございます。

    いただいたお花
    根が2センチ 出ています。
    6月の例会の時に
    何人かの人に さしあげます。
    植え替えて してます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください