今、咲いている花から〜 1 〜

サテン N レース (‘16、5/21、ストーク挿しより)

ピンク リボン (‘17、6、2、ストーク挿しより)

※  どちらの株も、9本の花茎が付いています。満開になるまで少しかかりますが…、この時点でもう一度、花摘みをするかどうか、迷っています。

 

最近は、もっぱら以前にも紹介しました様に、寒天液にストークを挿しています。

まず、水やりはしなくても良い。倒しても用土に挿した時のように土がこぼれませんし、雑菌に侵されず清潔で発根が早いのです。

根腐れをした株を再生させる時も、確実に発根してくれて、この方法に満足しています。

 

 

昨年、秋の展示会の時購入した苗と、花loveさんからの苗、そして我が家で育っていた苗の初開花を向かえています。

◉  花摘み、この一手間が、大事だと思っています。

 

私は、苗のうちに咲かせる方に、例え話で話すことです。

 

「あなたは、人間の子供であれば…、10歳になった子供に子を産みなさいに等しい事を、この小さな苗に要求しているのよ。少し時間がかかるけど、20歳(大人の株)になるまで待って咲かせると、咲かせていなかった分、多くの花をつけてくれ、良い株(大人)に育つのよ。」と話しています。

「最初の花は咲かせない!長くは見ない事。」

 

実は、この事を実行してくれた初心者の方が、自然光でも素晴らしく咲かせてくれている人がいます。

本当に嬉しいです。“ 咲かなかったら、セントポーリアではありませんよね! ”    (^^)

 

◉  花摘みの副産物?

キメラのストークと、機嫌の悪い苗の根を全てカットした根無しも、寒天挿しをしました。1ヶ月もしますと発根します。。

土や、ビーナスライトに挿す事も良いですが、中の寒天がこぼれ出ませんので、小さな容器の方はプレゼント用に良いかしらと、思っています。(#^.^#)

 

 

今、咲いている花から〜 1 〜」への4件のフィードバック

  1. hanazukiさん お早うございます。
    セントポーリアのお世話をしているときが最高に幸せですね。
    何事も深く考えないようにしましょうね。

    1. スーちゃん、おはようございます。

      十勝地方は大雪が降るよほうでしたが…、
      思ったより降っていなかったです。
      外で雪掻き(40分)をしていて、今、家に入ったところです。
      近藤荘岳先生の「女の一生」からです。
      二十代は美しく
      三十代は強く
      四十代は賢く
      五十代は豊かに
      六十代は健康に
      七十代はしなやかに
      八十代は艶やかに
      九十代は愛らしく
      そして、いぶし銀の様に美しく百歳へ

      振り返ってみたら…、そうであった。そうあらねば、そうありたいですね。(^^)
      さしずめ、スーちゃんは艶やかに。私はしなやかにという事ですね!
      いつも、気遣って下さいまして、有難うございます。m(__)m

  2. hanazukiさん こんにちは〜

    北の地方は今年寒さが厳しいようですね、此方は今年暖かいなぁ〜と感じる私です。

    hanazukiさん素敵に咲かせて下さってありがとうございます。

    日々のお手入れが大事ですね!
    お手入れするとどうしても増えますよね(笑)

    1. 花loveさん、こんにちは〜♪

      十勝地方は太平洋側に位置していますので、雪は少ない方なのですが、とても寒いです。
      でも、他の地方から見ると日照時間が長いので、家の中は光が差し込み暖かく、快適なのですよ。

      苗もそうですが、画像のピンクリボンも頂いた苗からです。機嫌良く咲いています。m(__)m

      折角、昨年、株、苗を減らしたのに…、

      5年以上経過したトレイル種を解体したり、寒天挿にはまって、キメラのストーク挿しで、面白い様に苗が取れて、気がついたら…、

      又、元の木阿弥になりそうで、こんな筈では無かったぁ〜です。(≧∀≦)

      また、暖かくなったら貰って下さいね。(^ ^)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください