機嫌の悪い株

⭕️ パウ ワウ (H・11年11/4 入手)

同じく育った株でも良く咲いている方を比較する為、撮影しています。

左の株の事です。どちらもH・28年8/7にストーク挿しからの小苗から育てたものです。

ここからどうするか…、ですね。

6枚の葉と、小さいけれど…、花茎は写っている数は5本ですが、実際には6本を外しました。(葉の上、赤シール3本と、黄シールの花茎 3本を取り除く)

◎ パウ ワウは光が大好きで、加湿(鉢内)を嫌う傾向があります。乾かし気味に育て、光を充分当てると機嫌が良いのだと言う事を、また、思い知りました。(反省する。)

この後は、

1、中心部を摘心し脇芽を出させ、小苗を取り一から始める。

2、同じく、中心部を摘心し、そのまま株上で、出た脇芽を1本だけに整理し育て続け再生する。

3、ウイック芯を引き上げ、乾かし気味(ベーシック)に育て、このまま新しく出る葉に期待する。(どうかなぁ〜)

4、まだ、考える事があるかしら…、

皆さん、こんな株はありませんか?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください