ストーク挿しで、復活!

長年、縞花を育てていると…、どちらか一方の親の性質を受け継ぎ、縞が乱れてくることがあります。

まさに、この (⬇︎ )2株は危ういところでした。

🔴  ホノカ 


◎ 28年1月5日、ストーク挿しをする。

この間、花は見ず、3本一組で花茎合計24本、 3枚一組で合計葉、24枚を外しながら育てていました。

そして、本日の様な株となりました。

🔵  サテン N レース


◎  28年5月21日、ストーク挿しをする。

なんとか、元の花に戻ってくれました。

⭕️  レディ エリザベス


◎  この株は、28年10月9日、” 脇芽 “からです。親株はあまりにも紫が濃くなっていましたので諦めていました。

良かったです。この様に復活しました。(^_^)v

ストーク挿しで、復活!」への2件のフィードバック

  1. hanazukiさん ストライプの復活良かったですね。
    やっぱりストライプは素敵ですね。

    1. スーちゃん、そうですね。

      縞花は、昔は貴重なお花でしたが…、

      私は、昔、ストーク挿しが苦手でした。(^_^)

      今では、葉挿しより、早くお花が見られるストーク挿しを楽しんでいます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください