大株仕立てのテクニック

この、テクニックは実際に見なければ、画像ではわかりにくいと思いますが…。
展示会前日迄、直径11.5cmのキミツ浅鉢で育成している大株です。出品前日に、直径15cmのロイヤルポット⬇︎(吊り鉢用)に株全体をやや、引き下げ気味に植え替えすると、全体的に葉の並びも整い画像の様な株で、展示会で目を引く株になるということを、学ばせてもらいました。

20131009-175138.jpg

20131009-172728.jpg植え替え後の株です。

大株仕立てのテクニック」への3件のフィードバック

  1. hanazukiさん 見事に整った、ショウプランツですね。
    一度でいいからこんなに育ててみたいです。

    1. スーちゃん、怪我の具合はいかがですか。
      大株の前日植え替えの事ですが、勇気のいることですね。すべきと思いました。植え替え前の株と比較すると、ちょっと、下げ気味に植え替えて、とっても座りの良い…、フォームになっていました。

  2. hanazukiさん 大株が育てて見たい、といつも思っているのですが、出来ません、涙

    怪我は順調によくなっています、いとぬきもすみ、あと2,3日でテープも取れそうです。
    不幸中の幸いでしょうか、左手首でよかったと思っています、頭や足だったら、寝たきりになるところだといわれました。

コメントを残す