寒天での根出し方法

この方法は、長年のブログ仲間、花友でもある花loveさんから教えて戴きました。

ブログを投稿するにあたって、断りを入れますと、花loveさんは、お知り合い(ブログをしてない方)の方から教えて貰ったそうで、その方は、広めても良いとの事。早速、投稿する事にしました。

1ヶ月半、乾燥させない様に、スーパーで品物を入れてくれる、[ポリエチレン袋] 又は、サランラップで覆ってもOK!

取り出す場合、スポッと取れる場合もありますが、下の画像の根は、ぬるま湯で優しく手で探りながら取り除きました。(ホッ!)

※  寒天溶液の作り方  2g(パウダー状の寒天)に対して500mlの水での煮溶かす。氷水で冷やしても良いですが、自然に固まるのを待ってから挿しました。余ると思います。固まったままタッパーに入れておいて必要な時、電子レンジで溶かして再利用も出来ます。

※  寒天溶液再利用の場合、電子レンジ600wで、量にもよりますが…、20秒〜30秒で解けます。

☆ 訂正します。今日、100ccの寒天溶液を溶かす時に1分30秒かかりました。電子レンジの前から離れずに溶けた状態を見計らって取り消しボタンを押して対応して下さい。

※  使用するいずれの容器も、キッチンブリーチで消毒をした方が良いと思います。

◉ 葉挿し、脇芽挿し、ストーク挿し、いずれも用土に挿すより清潔で、無菌状態で生長させる事になりますね。

只今、ストーク挿しにも挑戦しています。結果が出ましたら、又、公開致します。

コメントを残す