トマトの収穫が終わりましたが

留守をしている内に脇芽がいつの間にか成長していて、やむなく脇芽をただ、畑に挿して置いただけなのに…、立派に成長しました。 (遅いけれど)

 支柱がキュウリの2本連結の支柱しか残っていなくて、とりあえず利用しました。 

 ご覧の様に、支柱が2本になっているので、トマトの本茎をS字に紐で結わえむ結んでみました。

その時、「アッ、閃きました。」このままS字を繰り返して行き、途中で、それぞれの結わえた紐を全てほどいて、全体を更に下に押し下げ、紐を結わえ直して育ててみようと、思い実行しました。

そうすると、通常は7段目で芯止めしますが…、

押し下げる事で、通常の育て方よりも弾数も多く出来、より長い期間、収穫出来る事を体験しました。

 このひと房に40個以上の実が生っています。

気温一桁まで下がり、時すでに遅しです。

仕方がないので青いまま収穫し、家の中で赤くなるのを待って食べようと思います。

この方法を、来年のトマト作りに活かしてみようかしら。(^ ^)

野菜作りって!本当に楽しいですね。(^_^)v

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください